ネイティブスピード

リアル・イングリッシュ「ネイティブスピード」

英語。何故10年も勉強してきたはずなのにマスターできないんでしょうか?Why?

 

歴史的に、学校で学ぶ英語は読解中心でした。それは、大学等高等教育の場で
英語の文献を読む為のものだったんです。

 

しかし、現実の世界では、必要とされるのは英会話が中心です。リスニング、スピーキング、
ライティング。今でこそ小学校からアシスタントティーチャーをつけて英会話中心の
勉強をするようになりましたが、今の30歳代以上の方々はその恩恵を受けていないのが
現状です。

 

だからといって英語が使えなくても済まされる世の中ではなくなりました。
旅行や映画・ドラマはもちろん、ビジネス上もグローバルトレーディングの時代ですから、
英語は必須です。日本の企業にも社内公用語を英語にする会社まででてきました。

 

もう、言い訳など通用しないのです。英語を使いこなさなければならない時代に
なったのです。

 

幸い、今は英語習得の教材が山のように売られています。
テレビコマーシャル等でおなじみのものから、こういうサイトでしか売っていない
「本当に英語が身に付く」教材まで。

 

英語は言語です。人間が使っているものです。ですから、正しい教材を
選べば、人間であるあなたも必ずや英語を習得できるのです。

 

さあ、ダイエットみたいに「明日から」なんて言ってないで、今すぐ行動に
移しましょう。さあLet's tryです!

 

 

 

 

リアル・イングリッシュ「ネイティブスピード」

【スコットペリー最新作】今日学んで明日聞こえる!効果抜群の新リスニングプログラム教材!リアル・イングリッシュ「ネイティブスピード」/今なら生の英会話を学ぶ「English Live」付き!

 

このネイティブスピードは前作を1億円以上売り上げた実績を持つスコットペリーが自信を持って送る最新作です。この『ネイティブスピード』は彼のメソッドの中でも一番即効性があり、特に人気の高いプログラムです。※配送版はプラス1980円でCD2枚、テキスト本、送料、税込になります。

 
アメリカ人が英語を聞くとき、文章を「音のかたまり」と解釈しているので流れてくる音のかたまりを聞き入れることで、その文章全体がどのような意味なのか理解することが出来ます。単語ひとつずつに焦点を置く聞き方ではないのでどのような速さで英語が話されていても、彼らが英語を聞き取る過程にはなんの問題も生じないのです。
 
実際に、日本の英会話学校などで話されている英語は1分間に約90語ほどの速さであり、ネイティブスピーカーが通常話す速さは一分間で約580語ほどになりますので、日本人が聞いている英語はとても遅いということが現状です。遅い英語は聞き取るのがとても容易でありますし、英語を十分に理解しているという気持ちになるのでそれ以上のリスニング学習は不要だと思う方もおられると思います。
しかしながら海外で日常的に話されている本物の英語、つまりネイティブスピーカーが話す英語は比べ物にならないくらい速いので遅い英語のみに耳が慣れている日本人英語学習者はその速さには到底ついていけず、英語を聞き取ることができないためにリスニングはもちろん、その速さでのスピーキング、また正確さを求められた発音の習得に苦戦されている方々が多くいるのです。
 
この双方の英語の聞き取り方を分析し、大きく異なる点をヒントにスコット・ペリーは日本人の英語を聞き取る姿勢を変えるため、彼だけのメソッドを確立し、5年をかけその効果を立証できた今、これまでにはなかった新たなリスニングプログラムとして皆様へご案内することができるようになりました。
 
『ネイティブスピード』は本来の音の形がくずれてしまった、原型をとどめない音のかたまりを聞き分けできるようにあなたの耳を鍛え上げます。
 
この『ネイティブスピード』は聞き始めてからすぐ効果が現れることが期待されます。スコット・ペリーはこれまでにいくつかのリスニングプログラムを開発してきましたが、この『ネイティブスピード』はその中でも一番即効性があるもののひとつです。
 

 

 

 

リアル・イングリッシュ「ネイティブスピード」

リアル・イングリッシュ「ネイティブスピード」
リアル・イングリッシュ「ネイティブスピード」

 

リアル・イングリッシュ「ネイティブスピード」
多くのハリウッド映画で活躍したい日本人俳優や女優の方々がスコットペリーの英語発音の指導を受けてきました。
最近では、今まで英語に全く触れていなかった日本の皆さんが良くご存じの有名な女優さんが、話題のハリウッド映画にヒロインとして出演することなり、スコットペリーも個人指導や撮影現場で発音矯正をしました。
芸能人は、とても忙しく時間がありません。また、ハリウッド映画に出ると決まった後は、数ヶ月という限られた短い時間の中で、ハリウッドで通用する英語を身につける必要があります。
スコットペリーのテクニックを使ったメソッドを受ければ、まったくの英語初心者だったような芸能人でも、とても短期間で、ハリウッド映画で通じる英語力に仕上げることができます。
実際、スコットペリーが、指導する芸能人は短期間の間に、日本人が使う不自然にカットされたカタカナ英語ではなく、ネイティブが日常で使用する単語がブレンドされた流れのある世界に通じる英語サウンドを身に着けています。
彼らはこの「ネイティブスピード」の重要性をとても理解しています。

 

 

リアル・イングリッシュ「ネイティブスピード」
リアル・イングリッシュ「ネイティブスピード」
リアル・イングリッシュ「ネイティブスピード」

 

ネイティブスピードの速さは1分間に約560~580語です。
日本で話される、または日本で英語の先生が話す英語の速さは1分間でたったの90語ほどです。
Hi how are you? How was your weekend?(日本で聞く遅いスピードの英語)
とても簡単に理解することができますね。でもこれは本場の英語ではないのです。
アメリカ人の日常生活では、こんなに遅くは話しません。
アメリカ人は、ゆったり話しても180~225語ほどです。
これは普通で、まったく速くありません。

 

アメリカ人は通常もっと速い速さで話します。

 

how's..ur..wiken? (How was your weekend?)
wha..di..u..do? (What did you do?)
アメリカ人にとって、これは遅く話すよりも実際はもっと簡単な話し方であり、そのために私達は日常この速さで話すのです。
単語と単語をブレンドして話すのです。
ネイティブスピードを理解するということは私たちが幼かったときからすでにやっていることです。
ひとつひとつの言葉を理解するのではなく、文章全体の○○の○○○○を理解することです。
○○の○○○○、何かわかりますか?
ひとつひとつの言葉を理解するのではなく、文章全体の「音」の「固まり」を理解することです。
個々の単語が意味を含んでいるといことではなく、
まとまった「音」の「固まり」が意味を含んでいるということなのです。
生徒がやってしまう間違いは聞こえてくる英語から個々の単語をすべて聞き取ろうとすること。
私達は個々の単語を発しているのではなく、「音」を創っているのです。
ネイティブスピードのおもしろい点は、
ネイティブスピードで学習するために今英語上級者になっている必要がないこと。英語初心者も自信がなくても効果があるのです。英語を全く知らなくても良いのです。
ただ「音」を覚えるだけでよいので、赤ちゃんが言葉を覚えるように、
まっ白な状態で学べる英語「初心者」にも最適です。

「ネイティブスピード」は「音」を記憶することによって学んでいくわけです。
du..u..wa..na..kappa..ka..fee?
この文章の全体の「音」の「固まり」が「意味」を含んでいます。
何回も聞いていくと全体の「音」を理解できます。
もしあなたが全く英語を話せなくても
「コーヒーがほしいですか?」は、
du..u..wa..na..kappa..ka..fee?(do you want a cup of coffee?)
で理解することができます。
(※ぜひビデオを音声を聞いてみてください、音の固まりが耳に慣れてくるのが分かります)
次にあなたが同じ「音」を聞いたときに
 ”あ、それ知ってる、すごい簡単” と、
記憶していた「音」の「固まり」から意味を理解することができます。
重要なパートは音のエンディングです。
文章の最後がtea(紅茶)であってもmilk(ミルク)であっても最後の「音」が変わるだけなのです。
du..u..wa..na..kappa..tea? (紅茶が欲しいですか?)
du..u..wa..na..kappa..milk? (ミルクが欲しいですか?)

この「音」はいつでも同じ意味が含まれています。ひとつひとつの単語を聞き取る必要はありません。
1.ネイティブスピードで50ほどのフレーズを聞いた時点で、あなたは聞こえてくる「音」の「固まり」にパターンがあることに気づくかと思います。全てのフレーズが同じような音だということ。
2.また100ほどのフレーズを聞いた時点で聞こえてくる「音」の「固まり」の意味を自動的に理解することができるでしょう。
ネイティブスピードにはあなたが学習できるフレーズが250以上含まれています。
あなたがネイティブスピードで話された英語を理解できると、これから全ての英語が簡単に感じられるでしょう。
英語での会話、テレビ、映画など、TOEICテストのリスニング
そしてあなたの友人が英語で会話を交わしていてもきっともう速いと感じることはないでしょう。
きっとこれが当たり前と感じるのではないでしょうか。
「音」の「固まり」を記憶し英語を学ぶ。
これがネイティブスピードの仕組みです。
ネイティブスピードは、日本で話される遅いスピードの英語ではなく、ネイティブスピーカーが日常話す本場で使われる速いスピードの英語を簡単に理解できるように開発されました。
もしあなたが海外に行って英語を学びたいと思ったり、英語を使って仕事をしたい、社交に活かしたいと思っていたら、
教科書や本から学ぶ遅い英語ではなく、
アメリカ人が実際に使っている英語を学び理解することが不可欠です。
ネイティブスピードには即効性があるので
du..u..wa..na..kappa..ka..fee?

もうわかりますよね?
たった6分で理解できるようになる、これがネイティブスピードです。
この『ネイティブスピード』であなたが本当の英語を理解するための必要なものが全て見つかると思います。

 

 

 

 

リアル・イングリッシュ「ネイティブスピード」

リアル・イングリッシュ「ネイティブスピード」
リアル・イングリッシュ「ネイティブスピード」

 

リアル・イングリッシュ「ネイティブスピード」
言語学者 スコット・ペリー(Scott Perry)の調査では、ネイティブスピーカーが通常話す自然な速さの英語は1分間に約420語から580語の速さに、遅くとも1分間に約90語から110語の速さです。ゆったり話している状態で、平均で1分間に大体118語から225語が話されていることになります。この平均の速度が標準の速さとされるなか、日本の英会話学校などで話される英語の速さは1分間にたった約90語にしか過ぎません。アメリカで話されている 英語の平均的な速さに比べると、残念ながら日本人が通常聞いている英語はとても遅いのです。
リアル・イングリッシュ「ネイティブスピード」

 

 

リアル・イングリッシュ「ネイティブスピード」
日本人の英語学習者が初めて自然な速さで話される英語に触れたとき、彼らはすぐに聞こえてくるひとつひとつの単語を書き言葉と同様の形として順番に探そうとしてしまいます。
自然な速さの英語は口語体で話されており、一つ一つの単語そのものが文字で表すことができる音ではない場合もあります。 音が組み合わされて新しい音に変化していたり、音が欠陥していたり、またはあまり聞きなれない音、教科書にも書かれていない、学校で教わることもない音もあります。
ネイティブスピーカーは耳に入ってきた単語ひとつひとつの意味を理解して吸収しているのではなく、ひとつの英語の文章をひとつの音声の大きな『かたまり』として理解しているのです。流れてくる音声のかたまり全体がどういう意味を含んでいるのか理解することができるので速い英語を聞き取ることに問題が生じないのです。
スコット・ペリーのネイティブスピードリスニングはこれまで 日本の英語勉強で耳にしてきた英語ではない自然に話されている本場の英語サウンドを学ぶことにより、これまでの狭まった英語勉強から新たな面の英語理解へと導きます。

 

 

リアル・イングリッシュ「ネイティブスピード」
リアル・イングリッシュ「ネイティブスピード」
アメリカ人が話すとき、1分間におよそ180語ほどの速さで話し始め、話が乗ってきたら突如、1分間に500語ものの単語を発するほどの速さになります。驚くかもしれませんがこれはアメリカ人にとってはごく普通のことです。あなたにはとても速く感じるかも しれませんが、このNative Speedトレーニングで、あなたも実際はそんなに速くはないと感じることができます。
リアル・イングリッシュ「ネイティブスピード」
このプログラム終了後、字幕なしで映画を観てみてください。今まで聞こえなかった英語のセリフがどんどん耳に入ってくるはずです。このネイティブスピードに収録されている英語は、まさにネイティブが実際に話すスピードであり、テレビや映画などのスピードでもあるのです。
リアル・イングリッシュ「ネイティブスピード」
ネイティブの自然なスピードはTOEICRTestのリスニングより早い速度です。リスニングテストでは、今まで聞き取れなかったような英語もどんどん耳に入ってきて、スコアアップが期待できます。
リアル・イングリッシュ「ネイティブスピード」
今まで速くて聞き取れないと思っていたネイティブスピーカーの英語も、驚くほど理解できるようになります。日本人には難しいとされる英語での電話での会話ももう恐れる必要はありません。
リアル・イングリッシュ「ネイティブスピード」
何度も聞くことで、日本語にない英語の音も脳にインプットされるので、今まで聞き取ることができなかった英語の音がわかるようになります。
リアル・イングリッシュ「ネイティブスピード」
このネイティブスピードを使用するうちに、驚くほど自然と速いスピードの英語も耳に入ってくることでしょう。何度も聞くうちに、それは日本語を聞く間隔と同じになってきます。単語やフレーズを覚えるように簡単に自然に変化します。
リアル・イングリッシュ「ネイティブスピード」

聞き返しがなくなることで、ネイティブスピーカーとも気持ちの良いコミニュケーションがとれるようになります。誤解や理解できないことがなくなり、友人が出来たり、仕事での関係、商談が上手くいくことでしょう。

 

 

 

 

 

 

リアル・イングリッシュ「ネイティブスピード」

この教材はスコットペリー先生の最新作です。
スコットペリー先生と言えば25年間にわたり日本人に特化したメソッドで今まで2000人以上の日本人をバイリンガルに変身させてきた実績を持つ有名な先生です。
近年ハリウッドに進出している日本人俳優の方々の発音矯正をしているのもこのスコットペリー先生です。

 

この教材の一番の特徴は即効性です。
非常に短期間でネイティブの英語を聞き取れるようになるプログラムなのです。

 

英語を勉強した人ならすぐにわかると思いますが、映画で聞く英語と生で聞く英語には大きな違いがあります。
それはネイティブが話すスピードです。

 

このスピードに対応できなければ、実際には話すスピードが速すぎて理解できません。

 

この教材はそのスピードに対応できるようプログラムされています。
実はネイティブの英語は単語で捉えるのではなく、音の固まりで理解されているそうです。
その為に、サウンドの塊を短いフレーズとして覚えるようにします。
これを繰り返す事でネイティブのスピードについていけるようになるのです。

 

ちなみにこの教材は13,800円ですが、スコットペリー先生の他の教材はもっと高価ですがこの最新作はかなりリーズナブルです。
短期間で英会話を身につけたいと言う方にはかなりおすすめの教材です。

「リスニングパワー」と並んで人気を集めている
スコット・ペリーさんの新教材

 

今日学んで明日聞こえる!効果抜群の新リスニングプログラム教材!
リアル・イングリッシュ「ネイティブスピード」とは?

 

新教材、リアル・イングリッシュ「ネイティブスピード」の方法はちょっとびっくりです。

 

 

リアル・イングリッシュ「ネイティブスピード」を繰り返し聞くことで

 

ネイティブスピーカーの話す英語が、本当によくわかるようになる、と評判です。

 

ネイティブのアメリカ人が会話する場合、

 

1分間にだいたい180語ほどのスピードで話すのが標準のようですが

 

話が乗って、興奮度アップ!なんてなると

 

一気に「1分間500語!」なんていう驚異的なスピードで話し出すこともよくよくあるそうです。

 

 

 

数字にするとちょっと信じがたいようなことですが

 

一般のアメリカ人にしてみれば、ごく当たり前のことのようです。

 

今、日本の英会話スクールなどで話されているスピードは

 

1分間に約90語ほどで、ネイティブスピーカーが通常話す速さに比べると

 

日本人が聞いている英語は異常に遅いというのが現実だったんですね。

 

「そんなスピード、絶対についていけない」

 

「聞き取れるはずがない」

 

と思ってしまうのが当然ですが、このリアル・イングリッシュ「ネイティブスピード」でトレーニングすると

 

 

「あれ、そんなに速くはないかな?」と感じられるようになるんですね。

 

 

一番効果が実感できるのは、字幕なしで洋画の映画を観た時だそうです。

 

今まで絶対に聞き取れなかったような登場人物の台詞も自然にどんどん耳に入ってくるような感じ。

 

 

このリアル・イングリッシュ「ネイティブスピード」で聞くことが出来る英語は、

 

まさにネイティブたちが日常会話で話すスピードで、

 

テレビや映画などでの登場人物が話すスピードでもあるのです。

 

リアル・イングリッシュ「ネイティブスピード」で得られるもの

 

リスニングのテストでは、

 

これまで聞き取れなかった英語もすんなり聞こえるようになって、

 

大幅なスコアアップが約束されます。

 

 

聞き取りにくくて、日本人が一番苦手とされている
電話での英会話も恐れる必要がなくなるんですね。。

 

 

「ネイティブスピード」を繰り返し聞くことで、日本人が聞き取れなかった英語特有の音も

 

自然と脳内にインストールされるので、微妙な英語の音が聞き分けられるようになってきます。。

 

 

何度も聞くうちに、それは日本語を聞くのと同じ感覚で捉えられるようになるんですね。

 

「パードン?」という聞きなおしがほとんどなくなることで

 

ネイティブとも円滑でスムーズなコミニュケーションがはかれるようになります。

 

通勤の電車やバスの中でも思い起こし学習が出来るB5のテキストもついてきます。

世の中にはたくさんの英会話教材が溢れています。英語の音に慣れていないアラサーにとって、どんな教材が最適なのでしょうか?英語のリスニング教材といえば、やはり、スコットペリーの 「ネイティブスピード」かな。この教材の優れているところは・・・英語をくり返し聞くことで、ネイティブ耳になっていくところかな。

 

最近、聞くだけの英語教材も多いので、気をつけてね。結局のところ、教材との相性です。

 

英語のリスニング教材!スコットペリーの 「ネイティブスピード」の優れているところ 2ch 口コミ

 

英語のネイティブスピードに慣れる簡単な方法があったらいいなぁ!と思っているアラサー女子も少なくありませんよね。
巷の広告には
半年前までは英語なんて全くわからなかったし、英会話なんて全くできませんでした。だからTOEICでスコアアップなんて夢の夢。
英会話スクールも通ってみたし、英会話の音声だってたくさん聞いてみたんです・・・けど、英語がペラペラになることはありませんでした。
そんな時に・・・
このような類の謳い文句に騙されてしまっていませんか?

 

いつもずーっと、
英語がペラペラになったらいろんな仕事ができるんだけどなぁ!
とか
英語のネイティブスピードに慣れる簡単な方法があったらいいなぁ!
とか
英会話がスラスラとできたら・・・できる女じゃん、って思われるのになぁ!
なんて、思っていました。

 

そしたら、偶然見つけたんです。この教材を!

 

うっそー、あのハリウッド女優もこの教材で???
というのが正直な感想でした。

 

スコットペリーの評判や口コミを2chやamazonで調べてもみました。

 

リアル・イングリッシュ「ネイティブスピード」とは

 

リアル・イングリッシュ「ネイティブスピード」は、ヘッドフォンやイヤフォンを使って英語をくり返し聞いてネイティブ耳にする育成プログラムってことです。

 

最近、聞くだけの英語教材って多いけど、胡散臭いのも多いね?

 

アメリカ人言語学者スコットペリーさんは「ネイティブスピード」を作成するあたり、英語と日本語の周波数の違いに注目して、ノウハウを完成したって、自信満々みたいだけど、信用できる?

 

⇒「ネイティブスピード」音声の確認!
「ネイティブスピード」は聞くことが大切だと言うね!

 

中学と高校で6年間も勉強して、なぜ話せない?なんて問題も?

 

今後は教育現場でも「コミュニケーション英語」「英語表現」「英語会話」に再編するそうです

 

ますます、実用英語が注目されそうです!

 

時代に遅れないように聴く力を上達させたいと思うね?

やっとパソコンもやっと使えるようになり、このパソコンを利用して何か語学力をアップさせる方法を探したいが、さて、まずは何をやればいいのでしょうか。
面白いもので、考えられないヒントとしてというのは唐突にやってくるものなんですね。とても興味深いものを見つけてしまいました。
よく目にする内容かと考えながらも、この時だけはなぜか気になってしまいました。
信じがたいと思いつつ、それでもどうしてもひかれてしまうので全部に目を通すことにしました。
本来ならもっといろんな方向から思案する必要があるかもしれませんが、しかし欲しいという気持ちはより高まっております。
「口コミの状況はどうなっているのかな」

 

 

リアル・イングリッシュ「ネイティブスピード」/今なら生の英会話を学ぶ「English Live」付き!はおそらくあなたの貴重なアイテムになると思います
リアル・イングリッシュ「ネイティブスピード」/今なら生の英会話を学ぶ「English Live」付き!という商品なのですが、商品名だけで購入したいと思えてしまいます。
販売者はPerry Howard Scott と言うみたいです。
販売者のPerry Howard Scott さんはこの商品で有名になってしまうかも知れませんね。
今までに経験した事のない次元の違う成果を得られる可能性もあるそうです。
究極を言えば、英語教材は少しの時間さえあれば誰でも行えるといっても過言ではありません。
しかしながら、しっかりした知識、経験、能力を得られるまでの努力と時間は必要であります。
以前買った商品のほとんどは、内容は充実していていても、活かしにくい物が多いという印象です
そのような詐欺的行為を受けたことがあるので、少し抵抗があります。
「評判通りの結果が出るとはどうしても思えない」
「本当に価値ある商品なのか」
「詐欺的商品ではないだろうか」
「とにかくもう損はしたくない」
「もっとレビューでの評判を見てみたい」
でも、この商品のおかげで成功者になれるかもしれません。
このように、リアル・イングリッシュ「ネイティブスピード」/今なら生の英会話を学ぶ「English Live」付き!をじっくり検証し、レビューしていきたいと思います。

 

Perry Howard Scott から提供されているリアル・イングリッシュ「ネイティブスピード」/今なら生の英会話を学ぶ「English Live」付き!は、19000円になりますが、この種類の商品にしては、妥当な金額ではないかと思います。
買おうか買わないかはまだ決断できませんが、商品案内ページを繰り返し読んでいると、うっすらではありますが色々と分かってきました。
損どころか、申し込んでおつりがくるくらい、とても良い商品だと思いました。
リアル・イングリッシュ「ネイティブスピード」/今なら生の英会話を学ぶ「English Live」付き!の販売ページは、とてもわかりやすいので、ほとんどの人がよいイメージが膨らむかと思います。
・難しい方法がなく、しっかり理解できるだろう
・既存英語教材の相乗効果も期待できるだろう
・速攻力があるので最短習得も可能であるだろう
・職業的自由を勝ち取ることが可能だろう
・他と比べて、成功するまでのスピートが早いだろう
・・・だけど、ここまで思い通りにいったことは、間違いなく初めての経験です。
おそらく英語をマスターすることはもちろん、スキルアップにもなる一流の商品です。
この商品に限っては消滅する商品だとは思えません。記憶に残る商品のひとつと言えるでしょう。
この商品の存在を、レビューサイトで暴露しようとも、マイナス材料がないので良い商品であることを主張したい。
「Perry Howard Scott さん、改善する必要などは全くないでしょう。費用以上の完成度だと思います。
“この販売者を、詐欺なんて言う人はいるはずがないでしょう。”
この商品は、返品・返金ができないようなので、それが何もかじらない方がマシですしれません。

19000円…費用以上の恩恵があると思います、世の中に同列の商品はそうないでしょう。
100人買ったらおそらくほとんどの人は成功するのではないでしょうか。たとえこの分野が得意な人でなかった場合でも・・・。
間違いなく危険商材ではありませんので、余裕資金があったら申し込みを検討してみてはいかがでしょうか。

【口コミ1】

 

今まで色々な方法を試してきましたが、スコット先生の教材は他のもの
とは確実に違うと確信しています。

 

3日坊主の私が毎日このCDを聞きたい気持ちにかられとても楽しく
学んでいます。(A様 女性)

 

 

 

【口コミ2】

 

ネイティブスピードを購入してから毎日聞いています。

 

初めて聞いたときは、"え、今のは英語?"というように単語ひとつも

 

聞き取れなかったのですが、ひとつひとつの文章に、ゆっくり言った

 

バージョンと、ネイティブの速さで言ったバージョンを聞けるので、

 

”ああ、これはこういう音になるのか”と納得できます。

 

何度も繰り返し聞いて、音を覚えるので、あまり速いと感じることが

 

なくなりました。(N様)

早口でしゃべる映画の英語セリフが聞き取れるようになる、

 

今日学んで明日聞こえる!効果抜群の新リスニングプログラム教材!
リアル・イングリッシュ「ネイティブスピード」

 

 

〜この教材の開発者は、ハリウッド映画界公認。
「パシフィック・リム」「47 RONIN」などに出演した、
日本人俳優・女優の発音矯正を担当した先生です。〜

 

 

リスニングの勉強をある程度積んで、
自信を持って海外に行ったのに、
現地の人の話す英語が聞き取れなかった(涙)

 

・・・という悲劇はよく起こります。

 

また、ネイティブと1対1の会話ならなんとかなるのに、
ネイティブのグループとの会話になると、ついていけない、

 

こういったことが起こるのは、同じ理由からです。

 

あなたは、日本の英会話スクールのネイティブ講師が
実はゆっくりと英語を話していることをご存知ですか?

 

また、日本に滞在しているネイティブは、日本人にわかりやすいように、
手加減して英語を話してくれていることが多いのです。

 

さらには、書店などで販売されている英会話本は、
ネイティブのナレーターが、はっきり、ゆっくり話しています。

 

こういった残念な環境で英語リスニングを練習していると、
海外に行ったとき、現地のネイティブが話す英語が聞き取れない、

 

映画や海外ドラマの早口の英語セリフが聞き取れない、
といったことが起こってしまうのです。

 

 

ネイティブが、ナチュラルスピードで英語を話す場合、
次のような現象が起こります。

 

1) 単語と単語がくっついて発音されます。(リエゾン)

 

2) 本来あるはずの音が消えます。(リダクション)

 

例を挙げてみますね。たとえば、

 

Do you want a cup of coffee? だと、
 ↓
du..u..wa..na..kappa..ka..fee?

 

のように発音されます。

 

これだけではわかりにくいですね。
こちらの公式ページから、ビデオで詳しく見ることができます。
 ↓ ↓ ↓
リアル・イングリッシュ「ネイティブスピード」

 

 

ナチュラルスピードの英語を聞くポイントは、
1つ1つの英単語をすべて聞き取ろうとしないで、
「カタマリ」単位で英語を聞くようにすることです。

 

 

このリスニング教材、「ネイティブスピード」を開発した
スコットペリーは、25年以上に渡り、日本人に特化して
英語発音矯正コーチをおこなってきました。その際、

 

早口の英語が聞き取れなくて困っている
数多くの日本人英語学習者に遭遇したのです。

 

スコットペリーは、そういった早口の英語を聞き取れなくて苦労している、
日本人英語学習者のために、このリスニング教材を開発しました。

 

 

日本でのなまぬるい英語環境で満足して、
「私は英語が出来る」と思ってアメリカ現地に行くと、
次のような失敗をしてしまいかねません。

 

2013年2月におこなわれた、第85回アカデミー賞授賞式の会場。
日本から取材に行っていた日本人某女性アナウンサーの英語が、
ハリウッドスターたちに通じていなかった、ということで大失態でした。

 

日本のなまぬるい環境では通じていたはずの英語でも、
アメリカ現地のスピード感あふれた生の英語現場では
たちまち置いていかれる、ということを見せつけられました。

 

 

あなたも、同じ英語リスニングを勉強するなら、
なまぬるい日本の教育現場の英語リスニングに満足せず、
アメリカ本場の、スピード感あふれる生の英語が
わかるようになりたくありませんか?

 

そうすれば、アメリカ人同士の早口の英語会話に
置いていかれることも、

 

映画や海外ドラマのセリフが聞き取れなくて落ち込むこともなくなります。

 

 

さらに、「ネイティブスピード」の自然な英語は、TOEIC(R)テストのリスニング
よりも、速いスピードです。あなたは、TOEIC(R)テストのリスニング問題が、
”遅い”と感じるようになるでしょう。

 

 

あなたが、

 

・英語を使った仕事がしたい。
・ネイティブからの電話を、臆することなく取れるようにしたい。
・英語ネイティブと活発な会話を楽しみたい。
・留学したい。
・英語圏の国に住んでみたい。
・映画や海外ドラマのセリフを字幕なしで楽しみたい。
・TOEIC(R)テストのリスニングスコアをアップさせたい。

 

このうち1つでも当てはまるのなら、
このリスニング教材が、きっとお役に立ちます。